冬至の素材一覧

毎年12月22日頃、および小寒までの期間が冬至となります。
二十四節気のひとつで、一年で最も夜が長く昼が短い日です。
太陽の力が最も弱まる日であると同時に、太陽が復活するはじまりの日とされ、古くから各国で儀式や行事が行われてました。

冬至にかぼちゃを食べる風習は江戸時代がはじまりと言われています。
この日を境に日が長くなり運が上昇する「運盛り」の縁起担ぎとして、さらに「運」をつけるため「ん」のつく食べ物を食べるようになったこと(かぼちゃ=南瓜(なんきん))が由来とされています。

二十四節気
記念日カレンダー